MENU


株式会社 ナルセ
和歌山市和歌町30番地
TEL:073-424-5234
FAX:073-426-0796

 

太陽光発電工事


  太陽光発電工事

 瓦業界が考える発電システム設置工事のポイント
 ◆施工品質の確保
  ①防水性・・・太陽光発電システムが屋根置き型の場合は、屋根材に穴を開けて
        設置するケースもあり、開けた穴から雨水侵入による雨漏りが起
        きないよう適切な防水処置が必要である。また屋根建材型の場合は、
        発電パネルと屋根材の取り合い部から雨水侵入による雨漏りが起き
        ないよう適切な取り付け工事が必要である。
  ②耐震・耐風性・・・日本では地震や台風による被害が多発しており、屋根は建築
        基準法に従った構造規定を満たす必要があるが、特に地震や台風に
        よって発電パネルが屋根から脱離(脱落、ズレ、浮き上がり)しない
        ようにする必要がある。
 ◆設置工事の事故防止
  傾斜屋根における工事で、高所作業の経験がないとバランスを崩したり滑ったり
  して作業者が地上に落ちたり、部材や設置工事を落としてしまうなどの潜在的な
  危険性を有している。
  このため、事故を未然に防止するためには、高所作業経験者が設置工事を行う、
  適切な搬送設備を用いる、など安全管理のもとに工事を行う必要がある。


上へ

Copyright 2010 NARUSE All Rights Reserved